家計のピンチ…専業主婦が秘密でお金を借りる方法

専業主婦のキャッシングのやり方

財布をもつ専業主婦

家計のやりくりを任されている専業主婦の方は多いことでしょう。お子様の教育費や食費、住宅ローンの支払い、税金などで、月末に数万円のお金が足りない…ということもありますよね。

 

ここでの専業主婦は、安定した収入がない主婦の方を指します。収入がない専業主婦でも、家族に秘密にお金を借りる=キャッシングできるやり方があるんです。

 

ちなみに、夫婦のうち妻が外で働いて夫が家に入っている専業主夫の方も、キャッシングの条件・やり方は同じですので参考にしてくださいね。

 

家族に秘密にするポイント

専業主婦が家族に秘密でキャッシングするためには、いくつかポイントがあります。

  • 自分名義で申込みができ、かつ保証人が必要ない
  • 契約書などの郵送物や電話連絡が少ない
  • ローン用のカードの受け取り方法を選べる
  • 普段の郵送物や電話の対応は主に自分であること
  • お金の管理は任されている

キャッシングに限らず、家族に秘密にして行ったことでバレてしまうきっかけは、知らないうちに家族に連絡がいっていたとか、郵便物を見られたとかではないでしょうか。お金を借りる場合も、家族に秘密にするにはそのあたりを注意しておくことが重要です。

 

専業主婦は銀行カードローンで借入

銀行カードローンの説明画像

専業主婦でも安心して利用できるキャッシング方法は、銀行のカードローンです。

 

配偶者に安定した収入があれば、専業主婦であるあなたが、あなた名義で申し込んで融資を受けることが可能なのです。しかも、配偶者には申込み時点からキャッシングを利用している最中も、そのことが伝わることは一切ありません。

 

銀行のカードローンは保証人不要・無担保で利用できますし、申込者以外に利用状況を知らせてはいけないと法律で定められています。

総量規制という壁

専業主婦は仕事を持っていないので、消費者金融や信販会社などでキャッシングを受けるのは難しくなっています。それら2つは、貸金業法の総量規制というものの対象になっているからです。

 

総量規制は「借りることができるお金の上限は年収の1/3までですよ」というもので、年収300万円なら100万円が借りられる上限になります。収入0の専業主婦の場合は、借入できる上限も0になってしまうわけですね。

 

ところが銀行は総量規制の対象外になっているのです。つまり収入0の専業主婦でも申し込めて、その場合は配偶者の年収や信用情報で審査されることでお金を借りることができるんです。

最近の銀行カードローン事情

数年前、銀行での主婦の借入が激増しました。その結果多重債務に陥る人も激増したため、国から注意が入った銀行はそれぞれ自主規制をかけることになりました。現在は専業主婦で申し込める銀行も限られているのが実情です。

専業主婦は少額融資

仕事を持っている兼業主婦と比べると利用限度額が低めになっていますが、銀行によって10万円から50万円ぐらいの融資を受けることが可能になっています。審査は銀行の窓口はもちろん、インターネットからでも受けられます。

 

クレジットカードという選択もあり

クレジットカードの説明画像

専業主婦で現金を借りたいと思ったら、もうひとつやり方があります。クレジットカードのキャッシング機能を使うことです。

 

働いていたときに作ったクレジットカードで、キャッシング枠を設定したものがあればそれを使うのが一番てっとりばやいです。

 

キャッシング枠が変更されることもある

ただし、そのキャッシング枠は働いていたころの情報をもとに設定してあるため、なにかのきっかけで今は働いていないという個人情報が信用機関へ登録されていたり、クレジットカード会社の抜き打ちチェック(法廷途上与信)により在籍確認がおこなわれたりすることも。絶対的なやり方ではない、ということだけは覚えていてくださいね。

 

質屋でお金を借りることも可能

質屋の説明画像

キャッシングとは少し違うのですが、質屋という手もあります。質屋とはご存知の通り、お金になる物を担保として現金を借りることができます。もし返済できなければ「質流れ」といって預けている物は質屋の商品になります。

質屋のメリット

  • 審査が借りる人ではなく物なので、収入がなくてもOK
  • ブラックリストに載っている人でもお金を借りられる
  • 返済できなくてもブラックリストに登録されない
  • 自分の所有物なら家族に内緒で借入も可能
  • 即日でお金を借りることができる

質屋のデメリット

  • 質入れできる物がなければ借りることができない
  • 直接足を運ぶ必要がある
  • 短期間融資(3ヵ月)が基本
  • 金利手数料がとても高い

利息の高さが何よりのデメリットです。上限の年利は法律で決まっています。消費者金融や銀行カードローンの上限は年利20%ですが、質屋の上限はなんと…年利108%!5倍以上の差があります。

 

質屋の返済はかなりキツイです。質流れを覚悟できないのであれば、正直おすすめできません。

 

銀行カードローンのやり方

専業主婦がカードローンで借入するやり方のイメージ画像

キャッシング用のカードが手に入ったら、銀行やコンビニのATMで融資が受けられます。カードを一枚持っていると、時間外や土日祝日でも融資が受けられるので、レジャーや月末に数万円程度のお金が必要になった時も安心できますね。

 

銀行カードローンの申込みの流れ、審査のポイント、注意点などをお伝えします。

申込み方法を選ぶ

申込みのやり方は、インターネットや電話、窓口があります。家族にバレないことを重視するならインターネットがおすすめです。インターネットなら24時間受け付けていることがほとんどなので、空いている時間に申込みできます。

 

銀行の口座を持っていることが申込み条件になっている場合もあります。キャッシングの申込みと同時に口座開設の申込みもできるところや、先に口座開設の手続きをしてからキャッシングの申込みの流れになるところなど、銀行によって違います。キャシングに申し込む前にホームページをチェックしましょう。

 

もちろん、口座を持っていなくてもキャッシング申込みできる銀行もありますよ!

ここからは、私が実際に申し込んだ三井住友銀行カードローンの審査の流れを思い出しながら書きますね。家族が寝た後の夜中に、自宅でスマホを使ってインターネットで申し込みました。

審査結果の連絡

土曜日の夜に必要事項を入力して申しこみ。身分証明書(わたしは運転免許証)もWEBで提出しました。

必要な身分証明書

専業主婦の申込みは、大きな金額の借入枠は希望できません。そのため収入証明書も不要です。

 

運転免許証を持っていない人は、マイナンバーカード・パスポート・住民基本台帳カードなどが使えます。健康保険証の場合は、相談しだいでは使えることもあるようなので、問い合わせてみましょう。

翌日曜日の午前中に携帯電話に電話がかかってきました。日曜で家族がいるため電話にでられず、無視した形になっていたら「カードローンの申込みについて連絡があるので、電話ください」とメールがきました。

 

隙を見て電話をしたところ、「15分ほどお時間いただきたい」とのこと!月曜の昼間にもう一度連絡してもよいかと聞くと、快く承諾してくれました。

ひとりの時間を確保

やりとりをスムーズにするためには、夜中に申込む場合は翌日の予定も空けておきましょう!

審査の結果

月曜日にこちらから連絡をしました。フリーダイヤルです。
カードローン担当者からの確認内容は、

  • 本人確認
  • 融資限度額の確認
  • すぐに借りますか?の確認
  • それはいくらですか?の確認
  • ではこのあと○分後には口座に入金されます、というお知らせ
  • 返済方法の案内(返済期日の選択、今回の借入額に対する返済額)

といったことでした。これが在籍確認にあたるのだと思います。

内緒で銀行の口座開設をするには

私は三井住友銀行の口座をもっていたので、そのキャッシュカードにカードローン機能をつけてもらう形にして、専用カードの発行もなく済みました。

 

口座を持っていない場合はローンカードの発行が必要になるので、郵送や銀行にあるローン契約機で受け取る形になります。家族にばれないようにするには、契約機での受け取りが一番安心です。

借入

初回の借入は、確認の電話でお願いした10万円がその日のうちに銀行口座に入金されていました。2回目以降の借入は、ネットや電話からの申込みで口座へ入金、キャッシュカードを使ってATMから現金を直接借りることができます。

初回で即日融資は難しい

これまで銀行も消費者金融同様、はじめての融資を即日対応していました(営業時間内の申込みに限り、ですが)。ただ、2018年1月からは審査に時間をかけて即日の融資をしないことになりました。

 

お金が必要なときというのは少しでも早く借りたいと思うところですが、専業主婦の場合は申込みできる金融も銀行と限られています。必要なときは数時間でも早く動きましょう!2回目以降の借入は銀行の定めた対応時間があります。

返済

銀行カードローンの返済は、借りた金額に応じて月々の最低返済額が決まります。返済期日を設定して、それまでに自分で入金するか、入金がなければ口座から引き落としになります。

 

最低金額以上を返済することもできます。前もって申し込んで引き落としてもらうか、振込入金ができます。

利息を減らすには

最終的な金利負担を少なくするには、毎月少しでも最低返済額以上の金額を返済することです。

審査のポイント

配偶者の男性の勤続年数が長く、収入が安定していると、金融機関の信頼が厚いので、専業主婦の場合でも問題なくキャッシングが利用できます。

配偶者の承諾の有無はどうすればいい?

専業主婦の申込みの場合、銀行によっては「配偶者の承諾の有無」を入力する必要があります。申込み内容に虚偽はいけませんが、正直この項目は「有」で入力するほうが無難です。

 

「有」にしたからといって、審査にあたって配偶者に連絡がいくわけではありません。そんなことしたら金融機関側の法律違反になります。たとえ家族であってもプライバシーは厳守されます。

 

専業主婦に気を付けてほしいポイント

専業主婦がキャッシングするときの注意点のイメージ画像

専業主婦がお金を借りる理由はさまざまだと思います。絶対に利用しちゃいけない、とは私も同じ家計を任されている主婦として、また経験者として言えません。本当に苦しいときは苦しいですもんね。

 

なので、専業主婦がキャッシングする際の、これだけは押さえておいた方がいいポイント、お伝えします。

闇金はダメ、絶対!

「審査甘い!専業主婦も絶対借りられる!」とデカデカと謳っている金融は要注意です!不当な金利をかけてきたりする、無登録の悪徳業者です。取り立ても手段を選ばないので、当然家族にもバレます。

借りすぎに注意

専業主婦である以上、返済にあてるお金も家族が稼いできたお金がまわされます。返済にあてたお金は本来、自分たちに使えたお金です。返済と金利にムダに使うことがないよう、借りるお金は最低限にして最短で返しましょう。

延滞はしない

口コミにもありましたが、延滞することが家族バレする原因の上位になります。せっかく秘密で借りたお金ですから、最後まで秘密で完済してください。もし万が一バレたとき、そのキャッシングした理由が自分のための使い道だったら…最悪離婚されかねません。

計画を立ててからキャッシング

借り方、使い方、返済、すべて徹底的に自分の中で調べて、納得してから利用することを心がけましょう。

 

専業主婦におすすめの内緒にしやすい銀行カードローンのイメージ画像

専業主婦が申し込める銀行カードローンは限られている現状ですが、それでもいくつかあります。申込みはすべて来店不要・WEB完結のものをご紹介します。持っている口座やATMが近くにあるなど、使いやすい条件で自分なりに比較してみてください。

 

※基本的には、ローンカードが手元に届いてからキャッシング利用可になります。

楽天銀行スーパーローン

口座の有無 縛りなし(楽天銀行口座の場合は24時間借入可)
クカード発行 あり(成約の翌営業日に簡易書留で発送)
年率 1.9%~14.5%
楽天会員登録 必要なし

申込みで楽天スーパーポイントがもらえます。

イオン銀行カードローン

口座の有無 縛りなし(イオン銀行口座持っている場合はカードが届く前に振り込みで借入可)
カード発行 あり(到着まで成約後5日程度)
年率 3.8%~13.8%

(一度決まった金利は、借入金額が増えても変わらない)

イオン銀行ATM・コンビニATM いつでも手数料無料
その他提携銀行ATM 時間内手数料無料

コンビニでも手数料無料なのは嬉しいですね。

スルガ銀行 リザーブドプラン

口座の有無 縛りなし
カード発行 あり(カード到着前にフリーダイヤルで借入可)
年率 3.9%~14.9%
スルガ銀行の店舗やATM・提携金融機関ATM 手数料無料

保険料銀行負担の団信付きを選べます。

 

専業主婦のキャッシングの口コミ

専業主婦のキャッシング利用、ドキドキしますね。実際に利用した方の口コミがあるのでご紹介します。

嬉しそうな専業主婦のイラスト

 

給料日まであと数日というときに限って、こどもの塾代や学校関係の集金が重なって、どうしても現金が必要になることがたびたびありました。ローンカードをお守り代わりにつくっておいたことで、今はもしもの時にもあわてずにお金の準備ができるようになりました。

 

(40代・子ども2人)


得意げな専業主婦のイラスト

 

結婚前から美容グッズやエステが大好きです。主人公認でエステに通っているのですが、実は15万と言って出してもらったエステ代、本当は30万だったんです。さすがにそれは言えなくて、半分はカードローンで借りて払いました。

 

毎月3000円の返済でいいので、生活費の中から返せています。郵送されてきたローンカードも、昼間家にいてすぐ受け取れるのは専業主婦ならではの安心感ですよね。主人にはバレない自信がありますよ。

 

(20代・子どもなし)


通帳を見て焦っている専業主婦のイラスト

 

はじめてのカードローンの利用は生活費の補てんのために5万円でした。それから限度額50万円まで何度も繰り返しATMで引き出すようになってしまいました。

 

子どもの塾代、被服費、ママ友とのランチ代、旅行代…段々毎月主人の給料プラス5万円の生活が当たり前になって使い方も大胆になっていきました。すると1年たたないうちに返済が苦しくなってしまい、返済が遅れることも…。

 

返済が遅れると携帯電話に督促の連絡がくるんですが、無視し続けると自宅にかかってくるんですね。ちょうど昼間だったので私が出られて家族にばれませんでしたが、あれが夜とか休日だったらと思うと…。今はなんとか返済額をねん出していますが、完済が見えず暗い気持ちです。

 

(30代・子ども1人)


 

キャッシングする前にできること

お金を借りる前にできることはある?イメージ画像

お金が欲しい。毎月もう少し余裕があれば。考えますよね。とってもわかります。キャッシングを申し込む前に、他にできることないか考えてみましょう!

借り先を考える

お金を借りる方法はキャッシングの他にもあります。申し込む前に、もう少し検討してみましょう。というのは「お金を借りる」という行為は同じでも、借り先によって金利も大きく変わりますし、信用情報も変わってくるからです。

 

生命保険の契約者貸付

夫婦そろって生命保険に入っているご家庭も多いと思います。その生命保険の解約返戻金の中から決まった範囲内になりますが、お金を借りることができるんです。

 

契約者本人から申し出があれば、審査もありません。保険を解約する必要もありません。ただし、解約返戻金がある生命保険になりますので、掛け捨ての生命保険では利用できません。

 

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度には、お金が必要な目的別にいくつか制度があります。

  1. 福祉資金貸付
  2. 教育支援資金貸付や国の教育ローン
  3. 総合支援資金貸付

利用するには条件にあてはまらなければいけませんが、気になる方は調べてみる価値ありです。

収入を増やす

お金が必要になるまで少し日数的余裕がある場合は、借りるのではなくお金を稼ぐやり方も考えてみましょう。

 

不要品を売る

古本屋やリサイクルショップに、とにかくかたっぱしから持ち込む!こんなもの?と思うものでも、まとめて持ち込めば数千円になることも!

 

また、数よりも質でということであれば、フリマアプリがおすすめ。下手にリサイクルショップへ持ち込むよりも高く売れたりします。

 

フリマアプリを活用しよう!

私も登録して時々やっていますが、子どもが生まれたときにいただいたお祝いで、もったいなくて開けずに結局使わずに過ぎてしまった…みたいなものないですか?あとは、使わなくなったおもちゃとか、レシピ本、全巻そろっている漫画とか文庫本とか。

 

自分の家では眠っていたものを、欲しい!という人が世の中にはいるんです。私ははじめ別のフリマアプリを利用していたのですが、メルカリに登録して出品した途端、同じものがすぐ売れました!利用者の多いアプリを利用するのがポイントだと感じました。

家計の見直し

家計の出費を見直すことも大事です。私が実際にやってみてよかったのは、銀行口座やクレジットカードと連携できる家計簿アプリを使うこと。あとは、支出を年間で見ることです。

 

毎月いくらと出ていくお金を×12か月で考えると、同じくらいの金額をこの1年でほかのものに使えないかな?と考えられるんです。通帳を1年間の収入と、1年間の出金をそれぞれ足して、収支を把握するところから始めてみてください。

 

保険の相談窓口へ行って、保険の見直しをするのもおすすめです。

仕事を始める

もしご主人の理解があるなら、仕事をすることもひとつです。週2~3回のパートでも、収入は今までよりも増やせることになります。

 

または、美容モニターやアンケートモニターなど時間の融通がきくお仕事もいろいろ募集しているので、バイト情報サイトをまずは見てみるだけでもいいかもしれませんね。

 

専業主婦もキャッシングできる!

家計を預かる主婦はお子様の教育費や食費などにお金が掛かるので、月末にお財布がピンチになることがよくあります。専業主婦は配偶者の男性に安定した収入があれば、ほとんどの場合は融資が受けられます。

 

ただし下調べは重要です。借りる金額は最低限に。キャッシングしか方法がないか考える。

 

お金の悩みはつらいですが、一生懸命向き合えばきっとその悩みから抜け出せる日がきます!それまでの支えとしてキャッシングが必要であれば、利用することもOKだと私は思います。

比較ページへのリンク画像

 

Page Top