キャッシング手数料は無料が原則ですが有料となる場合もあります

キャッシング手数料は無料が原則ですが有料となる場合もあります

便利な世の中になりました。銀行のATMの閉店時間をもはや気にすることはありません。例えば午後7時を過ぎても、コンビニのATMからキャッシングすれば、その際の手数料は一切かからないからです。現代はコンビニのATMを活用する時代です。

便利なクレジットカードの二つの枠

日本国内で発行されるクレジットカードの数と種類には圧倒されますが、クレジットカードにはふたつの枠が設定されているのが普通です。クレジットカードをつかってお買い物をする時に使えるのがショッピング枠です。金額で設定されており、例えば、毎月のショッピング限度額が30万円以内などと、規定されています。もう一つは、クレジットカードをつかってATMから現金を引き出せるキャッシング枠です。キャッシング枠も金額で指定されており、毎月の限度額が15万円以内などと規定されています。多くのサービスのキャッシング手数料は無料が原則ですが有料となる場合もあります。

無利息期間付き融資とはどのようなもの

それでは、いったい、どのような場合に、キャッシングの手数料が発生するのでしょうか。具体的なサービスの種類で示しましょう。多くの消費者金融系の会社では、顧客を囲い込むためにさまざまなサービスを提供しています。例えば、無利息期間付きの融資です。これは、初回の融資に限るところが多いですが、初回の融資に限り、貸付期間における金利が免除されます。お金を借りれるのに利息が発生しないという、びっくり仰天のサービスですが、このサービスでは、若干の手数料の支払いを求められるところが大部分です。ボーナス一括返済を活用すれば、無利息で、お金の融資を受けることも可能です。

無利息期間付きの融資をつかって海外旅行を

無利息期間付きの融資は、ボーナスが確実にいる人たちには、たまらない魅力があります。例えば、海外旅行が三度の飯より大好きな人だったら、ボーナスを待ってから現地に飛び立つのではなくて、その前のGWには、海外に出発したいところでしょう。お楽しみの旅行を先取りして、日本に無事戻ったら、ボーナスを受け取り、一括返済をいたします。そうすることで、若干の手数料は徴収されますが、なんと、無利息でお金の融資を受けることだってできます。庶民にとってありがたいのが、クレジットカードのリボルビング返済です。毎月定額を規則的に返済していくので、返済に無理がありません。

まとめ

キャッシングの世界に革新的な出来事が発生しています。それはコンビニのATMです。24時間、閉店時間を気にすることなしに、キャッシングを受けることができます。うれしいことに、これらのサービスでは手数料を支払う必要がありません。

比較ページへのリンク画像