一括返済のやり方やコツ、注意点を解説!お得なキャッシング情報

注目!お得なキャシングの一括返済

キャッシングを一括返済するときのお金のイメージ画像

家族に秘密でキャッシングに成功!なんとか家計のピンチを脱したあとに残るのは…そう、返済ですね。一括返済がお得なことはもちろん知っていても、どれくらいお得なの?やり方は?はじめてのキャッシングをすることで精いっぱいで、そこまで頭が回らない人も多いはず。

 

せっかく脱した家計のピンチですから、一括返済のやり方やコツを知って、返済まで賢くキャッシングを利用しましょう!

一括返済(1回払い)とは?

一括返済の説明画像

一括返済とは、元金(借りたお金)+利息を1回ですべて返済することです。借入期間が短くなるので、手数料(利息)をかなり抑えることができます。とてもお得な返済方法なんですよ。ただ、まとまったお金が必要になります。

 

一括返済と分割払いの差は○○円!

一括返済vs分割払い

一括返済と分割払い(リボ払い)では実際どれくらいの違いがあるのでしょうか?5万円を年率18%でキャッシングしたケースで見ていきましょう。

30日後に一括返済した場合

利息=5万円×18%÷365日×30日で、利息は739円です。

 

ちなみに消費者金融でよくある「初回30日間利息無料キャンペーン」を利用すれば金利はゼロで借入できます!

毎月4000円で返済した場合

三井住友銀行カードローンのサイト(※別窓)で、とてもわかりやすくキャッシングのシミュレーションができます。

 

まず、「返済期間シミュレーション」に必要事項を入力していきます。返済期間は14か月です。つぎに返済計画表を見てみます。利息の累計は5,778円です。

比較してみてわかるポイント

  • 一括返済とリボ払いでは、利息の差は5,000円超え
  • 30日間無利息キャンペーンなどを利用して、その期間内で返済すればかなりお得!

 

一括返済のやり方・コツ・注意点

やはり一括返済は相当お得なことがわかったところで、一括返済について詳しく説明しますね。

一括返済のやり方

一括返済のやり方、内緒で一括払いをするときの注意点の説明画像

キャッシングには色々なやり方があります。クレジットカード、銀行、消費者金融が主です。

 

入金の方法

借り先によって一括返済のやり方も様々ですが、代表的なものは提携ATM、ネットバンキング、窓口、無人契約機を利用して入金する方法です。事前に一括返済を申し込んで自動引き落としや振込にするやり方もあります。

 

内緒で一括返済するときの注意点

この一括返済をするときですが、せっかく家族に秘密でキャッシングしたのなら返済まで知られたくないですよね。

 

基本的に足を運ぶものであればバレにくいのですが、ネットバンキングや引き落としだと履歴が口座に残ってしまいます。もし家族に口座の入出金履歴を見られる恐れがある人は避けたほうがいいです。

一括返済のコツ

一括返済のコツは?3つのポイントの説明画像

キャッシングで借りたお金を一括返済する際、私が考えるポイントは3つです。

  • 1日でも早く返済する
  • 手数料のかからないやり方を選ぶ
  • 無利息キャンペーンを使う

 

一日でも早く返済する

一括返済する利点は、とにかく利息を抑えられることです。もし手元にまとまったお金があるのに、「明日でもいっか」なんて悠長に構えていたら、その1日分の利息を払わなくてはいけません。

 

さきほどシミュレーションしたケースで考えると、1日の利息は5万×18%÷365日×1で25円です。たった25円と思うかもしれませんが、塵も積もれば山となります。

 

手数料のかからないやり方を選ぶ

利息を抑えようとしているときに、余分な手数料を払うのも避けたいですね。ATMで入金なら、手数料が無料になる提携ATMを使用。振込は振込手数料が自己負担なので使用しない。キャッシング会社のサイトを見て、手数料のかからないやり方を選択してください。

 

無利息キャンペーンを使う

一番金利を抑えるなら、消費者金融でよく行われている無利息期間を利用して返済することです。その期間内に一括返済すれば利息0円なので、単純に必要なお金を前借りできたような形にできます。

一括返済の注意点

一括返済の注意点!気を付けたいポイントの説明画像

メリットの多い一括返済ですが、注意しなければいけないこともあります。

  • 家計とのバランスを考える
  • 家族に把握されているお金はつかわない
  • おつりの出ないATM

 

家計とのバランスを考える

いくら金利負担を軽くするためといっても、まとまったお金をすぐに一括返済にまわすべきかというと、そこは考えなければいけません。一括返済することで利息の負担は減りますが、返済に充てたお金は戻りません。そのあとの生活が苦しくなっては意味がないのです。

 

子どもの行事や親戚、家族の予定など、急な出費に備えて手元にお金を少し残しておくことが必要な場合もあります。

 

家族に把握されているお金は使わない

もし一括返済できそうなまとまったお金が入ってきたとします。でも、そのお金を家族が把握しているのなら、返済にまわすのは少し待ちましょう。

 

「あのお金どこいった?」と言われたときに、家族が納得できる言い訳を用意しておかないと、内緒でキャッシングを利用したことがばれてしまう危険があります。

 

おつりの出ないATM

一括返済する際、短期間といえど、その借りていた日数に応じて利息が生じます。(※無利息キャンペーンなどを使わない場合)

 

一括返済を提携ATMや契約無人機などを利用して入金しようとするとき、硬貨は受け付けていない機器もあります。1,000円未満の端数まで返済したい場合、その端数分1,000円繰り上げて入金しなければいけないのです。

 

上記で書いたシミュレーションで30日で返済する場合、利息は739円なので本当なら50,739円の支払いですが、硬貨を扱っていないATMの場合51,000円入金しなくてはいけません。

 

ただ!もちろん、余剰分はそのあと返金されます。そのために振り込んでもらう銀行口座のやり取りなどをしなければいけません。

豆知識:無利息残高

アコムなど消費者金融に多いのですが、1000円未満の端数を「無利息残高」という扱いにすることもできます。

 

無利息残高は、利息も手数料もかからず、返済期間もない残高として取り扱われるお金のこと。そのままにしておいて問題はないのですが、次またキャッシングする際にその分が返済に加えられます。

 

清算したい場合は、振込や口座引き落としでできます。

一括返済がもし無理なら…

一括返済が難しいときに選択できる4つの方法

お得なことはわかっていても、一括返済は無理!ということもありますよね。そんな時でも少しでも金利を抑えるやり方があるので、そちらを参考にできそうなものからやってみてください。

 

繰り上げ返済

一括返済できるほどお金が無いけど、少し余力がある。そんなときは繰り上げ返済をしてみましょう。

 

毎月の支払額を1,000円アップ

リボ払いで返済しているのなら、その支払額を少しだけでも増やすことができれば利息を抑えられます。

 

クレジットカードのボーナス払い利用

クレジットカードのボーナス払いは手数料や利息はかかりません。ボーナスにあてがある場合はクレジットカードのボーナス払いを当面利用することで、手元に現金を残すことができます。その現金をキャッシングの返済にまわすことができます。

 

キャッシングの借りかえ

正直あまりおすすめしませんが、他のキャッシング会社の無利息キャンペーンなどを利用してお金を借りて、借りたお金を先に借りたキャッシングの返済にまわす方法です。

 

ただの自転車操業ですし、キャッシングの利用会社の数が増えていくと信用情報にも影響がでるので、結果的に家族に知られてしまったということになりかねません。

 

一括返済は計画的に!

お金を取り出す主婦の画像

一括返済はやり方とコツをおさえて利用すれば、ちょっとした家計のピンチを賢く、計画的に乗り切ることができます。けれど金利上の損得にとらわれすぎて、目の前の家計をひっ迫させてしまうことがないように、自分でバランスをとりながら返済のやり方を見つけましょう。

比較ページへのリンク画像

 

Page Top