返済するときの状況で選ぶキャッシングとカードローンの違い

返済するときの状況で選ぶキャッシングとカードローンの違い

毎日を普通に生活をしていても、ときにどうしてもお金が必要になってしまうことはありますね。急な出費です。これに対応するために今はキャッシングやカードローンなどのサービスがありますが、両者の違いはいったい何なのでしょうか。

まずはキャッシングやカードローンの違いを知ること

どうしてもお金が必要なときってありますよね。でも、今はキャッシングとかカードローンとか、いろいろと便利な融資を受ける方法があります。この両者はどちらも急な出費に対応できる嬉しいサービスなのですが、その違いっていったい何なのでしょうか。こうした基本的な違いが分からないままお金を借りていると、ときに失敗してしまう恐れもあります。いざお金を借りようとしたとき、自分の場合には、キャッシングがいいのか、あるいはカードローンの方がいいのか、これを選択することが大切です。その違いが分からないまま融資を受けてしまうと、返済時に困ったことになったりします。

基本的に両者の違いは返済方法にある

切羽詰まった状態のときなら、キャッシングにしてもカードローンにしても、実際に現金が借りられるならどっちでもいい、そう安易に考えてしまいがちですよね。おそらく、世間的にはどちらもあまり違いがないように思われているのでしょう。しかし、こうした融資を受けるということは、言い方が違うだけで、普通の借金と何ら変わりはないのですから、決められた期日に決められた額を返済しないといけません。実はこの返済の違いこそ、キャッシングとカードローンの最大の違いなのですね。簡単に言えば、キャッシングの返済は一括払いが一般的で、カードローンの場合は分割が主な返済方法なのです。

返済のことを第一に考えて融資を受けること

たとえば、借りるお金が少額の場合、そして次の給料日にはそれが一括で返済できると踏んだときはキャッシングでの融資がいいです。こうしたサービスを提供っしているのは銀行や消費者金融ですが、それらの中には決められた期日内に返済が完了すれば、利息がつかないというところもあるのですね。また、毎月の返済額を極力少なくしたいというときにはカードローンでの融資が適切です。この方が負担が少なくなりますから。ただし、その分、利息が多くなることはしかたありません。どちらも急な入用の際には便利なサービスですが、やっぱり返済のことを第一に考えて、適切なものを選ぶ必要がありますね。

まとめ

キャッシングとカードローンの大きな違いは、その返済方法にあります。キャッシングは一括払い、カードローンは分割払いがそれぞれ一般的になっているのですね。融資を受けるときにはこの返済のことを考えて選ぶべきです。

比較ページへのリンク画像

 

Page Top