繰り上げ返済のやり方と注意点!金利手数料を安くする方法

絶対お得!キャッシングの繰り上げ返済

繰り上げ返済で積み上げていくイメージ画像

キャッシングの返済を月々していて、繰り上げ返済というのを耳にすると気になりますよね。お得お得って聞くけど、何がどれくらいお得なの?やり方は?注意点はある?そんな疑問にお答えします!

繰り上げ返済とは?

繰り上げ返済は、設定している月々の返済額よりも多く払うことで、元金を早めに減らすことです。

 

繰り上げ返済には2種類のパターンがあります。

  • 臨時収入で残りを一括で返済する
  • 毎月の返済額を今までよりも増やす

繰り上げ返済のシミュレーション

返済シミュレーションのイメージ画像

普通に最後までリボ払いで返済した場合と、上記の2パターン、あわせて3つのパターンの違いをシミュレーションします。10万円を年率18%で借りた場合でみていきますね。

 

三井住友銀行カードローンのサイトにあるシミュレーション(※別窓)がとてもわかりやすいので、そちらを使います。
>使用したシミュレーションはこちら(別窓)

(1)繰り上げ返済をしなかった場合

毎月4,000返済すると、返済期間は32か月(およそ3年)、利息の累計は26,260円です。

(2)臨時収入で残りを一括で返済

毎月4,000払い続けて、1年後にまとまった臨時収入があったのでそこで残金を一括で繰り上げ返済すると…

 

利息は、返済計画表の12回までの利息をすべて足して15,391円です。この時点での元金の残金は67,391円で、これを一括で返済することになります。返済期間は毎月払っていた1年とこの残一括返済で完済です。

 

普通のリボ払いと比較すると1万円以上お得になっていますね。

(3)毎月の返済額を今までよりも増額

毎月4,000払い続けて、1年後に月々の支払額を2,000円増やそうとした場合…

 

最初の1年の利息は(2)のパターンと同じで15,391円です。この時点での残金67,391円をここからは毎月6,000円で返済することにします。サイトのシミュレーションでは1万円未満の端数が入力できないので、7万円でシミュレーションしますね。

 

7万円の返済期間は13ヶ月で、利息の累計は7,522円です。合算しましょう。返済期間は25か月(およそ2年)、利息合計は22,913円になります。

 

普通にリボ払いしたパターンと比べると、約3,000円お得です。返済期間は約1年はやく終わります。

 

繰り上げ返済のメリット

繰り上げ返済のメリットのイメージ画像

キャッシングの返済方式は、残高スライド式元利定額というものです。毎月定額を返済していき、返済のたびに減る元金に対しての年率で利息を出します。

メリット1.利息を抑えられる

毎月返済で支払う金額の内訳は、はじめの頃はほとんどが利息で、徐々に利息と元金の割合がかわっていきます。繰り上げ返済をすると元金をどんどん減らしていくことができるので、結果的に利息を抑えることになって、お得といわれているんですね。

メリット2.返済期間の短縮

繰り上げ返済をすることで元金が減るので、当然返す期間も短くすることができます。

メリット3.信用度が上がる

キャッシングをすると、信用情報機関に借入情報や返済情報が登録されます。繰り上げ返済をして順調に返済をしている人は、それだけ信用度も高くなります。

 

もしこれから住宅購入を考えている方は、この信用度が低いと夫名義の住宅ローンなのに自分のせいで審査に通らない!ということもあります。そうすると、家族に秘密でキャッシングした事実まで知られてしまうことになりかねません。

 

繰り上げ返済で信用度を上げる、もし無理なら月々の返済だけはなんとしても滞りなくしていきましょうね。

 

また、繰り上げ返済で無事に完済すればその時点で、借入額はリセットされるのでまた必要なときにキャッシングしやすくもなりますよ。

 

キャッシングの繰り上げ返済の流れ

繰り上げ返済のメリットのイメージ画像

キャッシングの繰り上げ返済のメリットはわかったけど、やり方がわからないからできない…という人もいますよね。キャッシングの借入先別に、繰り上げ返済のやり方をご紹介します。必要な手数料や注意点も一緒に書くので参考にしてみてくださいね。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードについているキャッシング機能をつかってキャッシングしたとき(例:三井住友VISAカード)

 

毎月の返済

およそ1か月前に締め切り、指定口座から自動引き落とし

 

繰り上げ返済
  1. 毎月の自動引き落とし額を臨時増額
    • 前もって臨時増額の申込みをネットもしくは電話でする
    • 申込期日は支払口座の銀行によって違う
  2. 好きなタイミングで「一部でも全額でも」銀行振り込み
    • 事前申し込みが必要
    • インターネットバンキングなら24時間利用できる
    • 振込手数料は自己負担
  3. 提携ATMやコンビニATMで入金
    • クレジットカードと暗証番号が必要
    • ATM手数料は自己負担(1万円以下108円、1万円超216円)

銀行カードローン

銀行が発行しているカードローンでキャッシングしたとき(例:三井住友銀行カードローン)

 

毎月の返済

自分で指定した返済期日までに、ATM、振込、口座振替のいずれかで返済

 

繰り上げ返済

各種ATM、振込、SMBCダイレクト(インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング)で入金
※振込・SMBCダイレクトを使った振込の振込手数料は自己負担

消費者金融

消費者金融でキャッシングしたとき(プロミスの場合)

 

毎月の返済
  1. インターネット返済、プロミスATM、提携ATM、コンビニマルチメディア端末、店頭窓口のいずれかは返済期日までに毎月定額を入金
  2. 口座振替は毎月定額が自動で引き落とし

 

繰り上げ返済

毎月の返済と同じすべての方法で、臨時に増額して返済入金が可能
※提携ATM利用手数料1万円以下108円、1万円超216円は自己負担

繰り上げ返済のポイント

繰り上げ返済の方法を選ぶときは、よっぼどの理由がない限り、手数料がかかるものは避けましょう。借りたお金に利子をつけて返しているのに、その上手数料を払うなんて馬鹿らしいですよね。

 

内緒で繰り上げ返済するポイント

もし家族に秘密で借りていたり、これから借りようと思っているなら、消費者金融や銀行カードローンをおすすめします。借りるときもですが、繰り上げ返済をするときに店頭窓口や銀行のATMで入出金すれば、どこにも履歴が残らないからです。

 

繰り上げ返済の注意点

キャッシングの繰り上げ返済はお得かつ、そんなに難しくないことがわかっていただけたと思います。ただし注意点もあります。

家計とのバランス

繰り上げ返済のメリットのイメージ画像

「よーし!金利負担も返済期間も減らすために、どんどん繰り上げ返済するぞ!」と意気込んでも、もともとが家計に足りないお金を借りたはず。毎月の出費は1000円でも惜しいのではないでしょうか?

 

そんな状態でやみくもに今ある現金を繰り上げ返済にまわしてしまっては、結局また手元のお金が足りないということになりかねません。

 

繰り上げ返済は計画的に!

年間の出費予定を考えて、いま繰り上げ返済はできるときかどうか?を見極めてほしいと思います。手元に現金を残しておくべきか、返済にまわして大丈夫か。

 

返済したお金は戻ってきません。また足りなくなったら家族に知られないようにとドキドキしながらキャッシングするのでしょうか?よく考えて決断しましょう。

おすすめのやり方

ひとつ!キャッシングを実際に利用していた私からのおすすめ方法があります。例えば、1,000円だけでも繰り上げ返済をしたいと思うなら。

 

毎月「ついつい」と使ってしまっている出費を思い浮かべてみてください。コンビニに寄って買ってしまう飲み物、お友達とのランチでつけるデザート、とりあえずで買っている雑誌、お子さんのためと思っているお菓子、休日の外食などなど…1,000円あっという間にいきませんか?

 

どれかをちょっと節約するだけで、繰り上げ返済に回せる1,000円をねん出できますよ!

モチベーションの維持

繰り上げ返済のメリットのイメージ画像

残一括返済ではなく、毎月の返済を増額したり臨時で繰り上げ返済する場合、結果が見えにくいというのが、もうひとつの注意点です。

 

頑張って1,000円でも多く繰り上げ返済していても、毎月の返済額は変わらないので、なかなか元金が減っているとか、金利負担が減っているという実感がしにくいのです。繰り上げ返済に対して「もういいかな…」という気になってしまうことも。

 

繰り上げ返済は、毎月最低額で返済していくよりも確実にお得です!ぜひ続けていただきたいです。

 

もしモチベーションが下がってきたら

元金の残高を気にしてください。時々、先に紹介したサイトのシミュレーションを使って返済シミュレーションをしてみましょう!毎月最低額で返済した場合と比較してみてください。頑張っていることが実感できますよ!

 

繰り上げ返済のまとめ

  • 繰り上げ返済しない場合と途中で全額繰り上げ返済した場合では、利息に大きな差が出る
  • 全額繰り上げ返済は無理でも、一部を繰り上げ返済して少しでも金利を抑えることができる
  • ただし家計とのバランスとモチベーションの維持が難しいので注意

比較ページへのリンク画像

 

Page Top