昔のキャッシングで過払いしていたかも?と思ったときにできること

過払い金請求はやって損なし

過払い金請求したらお金が返ってくる?家族に秘密で請求する方法

私はいつも出勤中の車の中でラジオを聞いているのですが、「過払い金請求」のCMをよく耳にします。新聞にもときどき弁護士事務所のチラシが入っていますよね。

 

過払い金=払いすぎた利息、というのはなんとなく分かっているけれど…説明できるかというと、正直ちゃんと分かっていない人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、過払い金請求について解説していきます!家族に秘密にできるかどうかもあわせて、お伝えしていきますね。

過払い金請求の対象かも?見分け方

2010年より前にお金を借りていた人は過払い金があるかもしれません。

次にあてはまる人は、過払い金が発生している可能性のある人です。

  • 消費者金融やカードローンでキャッシング
  • 2010年(平成22年)以前に借入

キャッシングは、クレジットカードのキャッシング枠も含まれます。

過払い金=グレーゾーン金利

グレーゾーン金利の解説画像

お金を借りるときには、借りた手数料として利息がかかりますね。その利息がいくらかを決めるのが利率です。その利率の上限は法律で定められているのですが、その法律が2つあるんです。利息制限法出資法です。

 

利息制限法が定めている上限金利は15~20%。これを超えるものは民事的に無効になります。出資法の上限金利は29.2%でした。これを超えると刑事処罰を受けます。

 

この2つの上限金利、すごい差がありますよね。この差の部分で利率を設定している業者が以前はたくさんいたんです。それがグレーゾーン金利といわれるものです。

グレーゾーンが廃止→過払い金発生

グレーゾーンを撤廃します!となったのが2006年(平成18年)。出資法の上限金利を20%まで下げると改正が決まったのです。法として施行されたのは2010年(平成22年)なので、この2006~2010年頃に多くの業者は上限金利を一斉に引き下げました。

 

そして今、そのグレーゾーン金利で返済していた借金を、法律で定められた利率でもし返済していた場合との差額があれば請求できる、という流れになっているんですね。

過払い対象外のケースもあります

ちなみにエステや教材などで組んだ分割は、この対象にはなりません。また、クレジットカードのショッピング枠を使った利用分も対象ではありません。

過払い金請求の注意点

過払い金請求をするときの注意点

キャッシングの過払い金請求するときには注意事項がいくつかあります。

 

借金を完済しているか

借りているお金を完済していなくても、過払い金請求はできます。過払い金で借金の残りを完済できることもあるのです。

 

が、もし過払い金で借金の残りを減らしてもなお借金が残る場合、その結果は債務整理したという「事故情報」として個人情報機関に登録されることになります。俗にいうブラックリストにのるというものですね。

事故情報は待てば消える

事故情報は、新規でクレジットカードを作ることが難しくなったり、住宅ローンを組む際に審査に通りにくくなったりということがあります。

 

ただ、事故情報は3~5年で消されるようなので、時間がたつのを待てば、そういったこともまた問題なくできるようになります。

借金を減らすことと、ブラックリストと、どちらの方が自分にとって良い選択なのかよく考えてから決めましょう。

 

過払い金には時効がある

過払い金を請求して、お金を取り戻すには時効がありますキャッシングしたお金を完済してから10年です。最後の取引をしてから10年たつと、過払い金の返還請求は難しいと言います。

 

借りた金融が倒産すると返ってこない

キャッシングした金融が倒産してしまうと、過払い金があったとしても請求先がないので、お金が戻ってくることはありません。

 

過払い金請求の動きが盛んになって、実際に経営が立ち行かずに破綻してしまった金融もあります。有名な消費者金融だと、武富士が倒産し、2011年2月28日以降過払い請求ができなくなってしまいました。

 

もし過払い金請求を検討しているなら、行動は早いほうがよさそうです。

 

過払い金請求のやり方

家族に知られずに過払い金請求をする流れをお伝えするので、参考にしてみてくださいね。

専門家に依頼して過払い金請求

過払い金請求を弁護士など専門家に依頼するイメージ画像

過払い金の請求を依頼できるのは、弁護士や司法書士などの法律の専門家がいる事務所が主です。

専門家に任せるメリット
  • 依頼主の守秘義務
  • 手続きを代行してくれるので家族にばれにくい
  • プロにお任せで安心、ラク
過払い請求の流れ

基本的には 委託・引き出し計算・請求&交渉・合意書・返還 の5つのステップです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

委任

過払い金について依頼をします。キャッシングした金融へ情報開示請求をしたり、今現在も返済中の場合はその返済をとめる手続きもします。

絶対に家族に秘密にしたい!という方は、希望をしっかりと事務所に伝えておくとベターです。専門家は秘密保持義務(守秘義務)があるので依頼人以外に情報を漏らすことはありませんが、電話や郵便物などをより配慮してもらえるかもしれません。

引き直し計算

開示された借入れ情報をもとに、法律で定められた利率で返済していた場合の借金との引き直し計算をおこなって、過払い金がどのくらいかを出します。

請求・交渉

請求先の金融へ、過払い金の請求と支払交渉をします。ここが難航した場合、裁判をおこすという選択もでてきます。裁判をすると時間がかかりますが、返ってくる金額が増えることも。

合意書

過払い金の支払に合意してもらったら、合意書を交わします。

返還

指定口座へ過払い金が返還され、請求作業は完了です。依頼した専門家へ報酬を支払って、契約終了です。

自分で返還請求をする方法

自分で過払い金請求をするイメージ画像

過払い金請求は、専門家へ依頼せずにすべて自分でおこなうことも可能です。

 

家族バレのリスクが高い

ただし、過払い請求の工程をすべて自分でやるうえに、資料などを自宅に保管するなら、家族に秘密にできるかというリスクが伴います。もし交渉決裂で訴訟になった場合は、そこから弁護士探しになります。家族に秘密にしたいという人にとっては、あまり賢い選択とは言えなさそうですよね。

 

過払い金請求にかかる時間は?

請求先や方法で違ってくるのでハッキリとは言えませんが、三ヵ月~半年以上が平均と言われています。長びくと1年以上かかることも珍しくないようです。

 

和解をすれば短期間で返ってきますが、返ってくるお金は少なくなります。一方、裁判を起こせば長びきますが、基本満額が返ってきます。

プロに頼む際の注意点

弁護士や司法書士は法律の専門家ですが、依頼する場合には注意も必要です。

 

お金がかかる

依頼=契約です。過払い金請求の依頼では、返還された過払い金から相殺するため、持ち出しの現金は必要ないと言っているところが多いです。

 

契約のために支払うお金は「着手金」と「報酬金」です。弁護士は弁護士連盟で割合の上限を設定されていますし、司法書士もそれにならっています。

 

また、その他手続きなどで必要になる切手代や交通費など、実費で出ていくお金が少しあります。

 

口コミを見る

以前、景品表示法違反で業務停止になった法律事務所があります。なんども「今だけ」とあおるような文句を使っていたためです。

 

もし依頼していた事務所が停止になってしまったら、過払い金請求していた依頼も解除されてしまうので、新たにお願いできるところを探すなど手間が増えてしまいます。

 

選ぶ際は、口コミの評判やその事務所のホームページなどもチェックしてみてください。

 

過払い金請求のデメリット

最後に過払い金請求のデメリットを挙げますね。

借金がないなら特に問題なし

過払い金請求後に借金が残らないようであれば、特に問題はありません。過払い金請求をしたからといって、他社のクレジットカードが使えなくなるわけではありません。信用情報機関に請求した履歴が登録されることもありません。

借金が残る場合

借金が相殺できず残ってしまうと、信用情報機関に債務整理の履歴が登録されます。それによって、新規のクレジットの作成が難しくなったりと、信用情報を使ったものは一定期間できにくくなります。

 

また、返ってきた過払い金も借金の減額にまわってしまうので、専門家に依頼して請求した場合には、その依頼料も自分のお金で支払わなければいけません。月々の分割など対応はしてくれますので、相談してみましょう。

請求したカードは使用不可になる?

請求先の金融会社によるのですが、過払い金を請求したカードは解約され、使えなくなってしまうことが多いようです。

 

クレジットカードのキャッシング枠の過払い金請求をした場合、ショッピング枠もろとも解約される可能性が高いです。気を付けましょう。

 

過払い金請求はほぼ損なし

金の豚の貯金箱

過払い金請求は、ずっと以前グレーゾーン金利が存在していた頃にキャッシングを利用した人にとっては特に大きな問題のない、損のないことだと思います。ある法律事務所の10万件のデータをもとにした統計によると5年以上取引していた人の半数が過払い金が発生したそうです。

 

一方、最近キャッシングした人が安易な気持ちで請求しても、なんの得にはなりません。過払い金の仕組みをきちんと理解してから、動いた方がよいですね。

比較ページへのリンク画像

 

Page Top