多重債務の予防はまずキャッシングの比較から

多重債務の予防はまずキャッシングの比較から

欲しいときに借りられる、というとても便利なキャッシングですが、あまりにも手軽に借り入れができるとあって、つい借りすぎてしまうこともあるのですね。こういう多重債務を避けるにも、借り入れをする前にキャッシングを比較して検討することが望ましいです。

多重債務はけっして他人ごとではない

確かにキャッシングは、いきなりの入用に都合よくお金を貸してくれるのですから、これはとっても便利ですよね。銀行などから融資を受ける住宅ローンですとか自動車ローンですとか、そういった大きなものではないから、借りたお金の使い道は自由だし、今度の給料日には一括でも払えるという安心感があります。しかし、この手軽さ故の恐ろしさというものもあるのですね。簡単に借りられるから、ついつい借りすぎてしまう、これが一番怖いのです。世の中にはこの多重債務で頭を抱えている人もたくさんいます。この危険から逃れるためにはいったいどうすればいいのでしょうか。

比較をして借り入れのことを詳しく知ること

まず、こうした多重債務を予防する手段として、今は法的にも規定を設けています。それは総量規制と言いまして、ほとんどの消費者金融では、年収の三分の一を超える借り入れができないことになっているのですね。銀行などではこの規制はあてはまりませんが、大抵はそういうことになっています。年収というものは各自異なっていますから何とも言えませんが、その三分の一となると、けっこうな金額になりますよね。一概に安心だとは言えません。そこで、やっぱり個人個人が借り入れをする前に、あらかじめキャッシング事情というものを知る必要があります。そこで比較というものが役に立つのです。

業者が提供するサービスなどを比較検討する

比較したいものはいろいろとありますが、やっぱり返済に関してもっとも都合の良いところを選びたいものですね。たとえば利息、できるだけ少ないところがいいに決まってます。また、無利息期間というものを設けている業者もいいですね。人によっては、即日融資可能な業者を比較することもあるでしょう。できる限り早く現金が必要なときです。それから、審査が気になる方もいるでしょう。口コミでも評判の審査の早い業者を比較することもあるでしょうね。このように、キャッシングを利用する前には、業者が提供するサービスなどを比較検討することが大切です。

まとめ

とっても便利なキャッシングサービスですが、これを賢く利用するためには、借り入れをする前に各業者が提供しているサービスを比較することが大切です。何も考えずに決めてしまうと、やっぱり後悔することもあるのですね。

 

有能主婦のピンチはキャッシングの活用がおすすめです

主婦といってもそれはさまざまです。自分でお金の管理ができない人もいますし、反対に家計の管理で抜群の能力を発揮する人もいます。人それぞれということですが、ひとつだけいえることは、有能な主婦のほうが、逆に、消費者金融などからのキャッシングでお金を借りて、それを処理することにもたけています。

あのデパートで販売しているバッグが欲しくなった

結婚生活が長くなると、主婦といえども、だまって家に閉じこもっているようなことはありません。その人それぞれですが、ある日突然、近くのデパートでみかけたバッグが欲しくなり、高価なお値段をものともせず、分割払いで購入したりいたします。ご主人の給料は、毎月決まっているので、高価なバッグなどを購入すると、当然、それ以降の月の生活は苦しくなります。生活費を切り詰めればよいといっても、それには、おのずから限界があります。ご主人や子供たちに、そまつな夕食を与え続けるわけにもいかないでしょう。そこで賢い主婦の決断です。有能主婦のピンチはキャッシングの活用がおすすめです。

お目当てのバッグを購入してからが大変です

さて、お目当てのバッグを手にした日の喜びは、とても大きいですが、それからが大変です。ご主人に素直に打ち明けることも、ひとつの優れた手段です。これが一番ではないかと思います。ですが、ご主人の性格によっては、相手を傷つけないためにも、バッグを購入したことを内緒にしておくという手段も有効です。この場合、主婦がパートやアルバイトをしており、お金を稼げている場合には、何ら問題は発生いたしません。パートはアルバイトをしていない、普通の主婦ならば、貸付金利の低い銀行や消費者金融などのキャッシングを利用して、融資を受けることが、おすすめの手段です。

銀行や消費者金融からお金を借りる場合の注意点

銀行や消費者金融からお金を借りる際に注意をする点がいくつかあります。まず、お金を借りるときに、しっかりとした返済計画を立てておくことです。そのためにも、お金の融資を受ける際には、必ず、銀行や消費者金融の窓口に出向いて、貸付担当者と綿密な打ち合わせをしましょう。主婦がお金を借りる場合ならば、ボーナス一括返済は無理でしょうから、毎月無理なく返済ができるリボルビング払いによる返済がおすすめです。それから、なんといっても大切なのが、貸付期間における金利です。現在ではグレーゾーンが完全に廃止されているので、貸付金利の上限は年率15%をめやすとしてください。

まとめ

たとえば、有能な主婦であるあなたが、ご主人に相談しなくて、高価なバッグを購入したとします。ご主人に打ち明けるかどうかは、ご主人の性格に依存いたします。ご主人に打ち明けないで、自分でお金を準備できれば、それで救われる場合も多いです。

比較ページへのリンク画像

 

Page Top