クレジットカードを使い内緒でお金を借りる方法をご紹介

クレジットカードのキャッシング枠を使う前に

クレジットカード

クレジットカードは、買い物するとポイントは貯まるし、現金を準備する手間がないので大きな買い物をするときに使う人も多いかもしれませんね。そんなクレジットカード、キャッシングもできるんですよね。今回は、クレジットカードでキャッシングする方法から注意点までお伝えします。

皆が持つクレジットカードの仕組み

日本人の8割が持つクレジットカードの基礎知識

JCBの調査によると、2016年の日本においてのクレジットカード保有率は80%を超えていたそう。すごい数ですね!持っている平均枚数は3.2枚だったそうです。

 

それだけ普及しているクレジットカードですが、ショッピング機能については知っていて利用したことがあっても、キャッシング機能についてはあまりよく知らない人は多いのではないでしょうか。

ショッピング枠

ショッピングを楽しむ女性

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠というものが設定されています。ショッピング枠10万なら、10万円の買い物までクレジットカードで支払うことができる、ということですね。

 

買い物をするときに手元に現金が無くても、カードで一時的に支払うことができるので非常に便利ですよね。原則1回払いで、翌月以降の決まった日に使った金額が引き落とされるのがショッピング利用です。

 

支払回数

支払い回数は、1回払い・2回払いと回数を指定する分割払い、毎月定額を指定して返済していくリボ払い、引き落とし月をボーナス月まで飛ばすことができるボーナス払いがあります。1回払い、2回払い、ボーナス払いは手数料(金利)がかかることはありません。

 

リボ払いは利息(=手数料)がかかります。仕組みを知らずに「少額払えばいいから楽」という考えでリボ払いをすると大変な目にあうケースが多いので、気をつけてくださいね。一回払いが基本です。

キャッシング枠

現金とクレジットカード

ショッピング枠とは別に、キャッシング枠というものもクレジットカードにはあります。こちらは買い物用の枠ではなく、お金を借りる枠です。キャッシング枠10万なら、10万円まで現金を借りることができる、ということです。

 

クレジットカードを新規で作った際に、キャッシング枠を設定していればすぐ利用できます。設定していなければ、別途審査を申し込む必要があります。
設定の確認・やり方はこちら

 

支払回数

1回払いか、毎月定額を返済していくリボ払いがあります。お金を借りるので1回払いでも、金利は借りていた日数分かかります。

クレカのキャッシングの特徴

クレジットカードは、いちばん家族や周りの方に秘密にしやすいキャッシング方法ではないかなと、個人的には思っています。

 

カード会社によりますが、クレジットカードのキャッシングの特徴はこんな感じです。

  • 借入れ枠:10~300万
  • 年率:12~18%
  • 借入可能額:年収の1/3まで
  • 学生も未成年も利用可能

すでにキャッシングできるクレジットカードを持っていれば、新たに借入用のカードを作る手間もありません。普段使っているカードと暗証番号でATMで現金を借りることができるので、家族にもバレにくいですよ。

 

クレカでキャッシングするやり方

1.キャッシング枠を確認

自分のクレジットカードにキャッシング枠が設定されているかをまず確認しましょう。
確認する方法は、

  • クレジットカードの会員サイト(マイページ)
  • クレジットカードの利用明細書
  • 問い合わせデスクへ電話

があります。
キャッシング枠が設定されていた人は 3.キャッシングする へどうぞ。

2.キャッシング枠の設定申込み

クレジットカードを作った時点ではキャッシング枠が設定されていなくても大丈夫。あとからでも設定することができます!インターネットか電話で、キャッシング枠の設定申込みをします。申込み後、審査があり、無事に通ればキャッシングの利用ができます。

 

家族に秘密ですぐにお金が必要…と思っている人も多いですよね。そんな方にとって嬉しいのが、所定の時間内なら最短30分以内に審査が完了して、即日キャッシングを利用できるというサービス。

 

またクレジットカード作成時に在籍確認しているので、キャッシング枠設定のために改めて在籍確認することも少ないようです。(※ただし絶対ないということではありません)

 

申込・審査においての注意点

収入ゼロだとキャッシング枠の審査に通らない 悩む専業主婦

学生や未成年でもキャッシング枠の申込みはできますが、唯一、収入がない人だけは申込みができません。専業主婦になる見込みがある人は、仕事をしているうちに審査申込を。

 

また、カード会社や借入希望枠の金額によっては、源泉徴収票などの収入を証明する書類の提出が必要となる場合もあるので、書類がその場にない場合は即日融資が厳しくなりますね。

 

勤務地など個人情報が古い時間がかかる

クレジットカードを作成したときと勤務地が変わっている場合は、キャッシング枠の申込みをすることで在籍確認が行われる可能性が高く、そこでも時間がかかることになります。結婚や転職など、個人情報が以前と変わった人は変更を早めにしておきましょう。

3.キャッシングする

クレジットカードにキャッシング枠が設定されていることを確認したら、あとはお金を借りるだけです!

 

ATMを利用する

コンビニや銀行などの金融機関のATMでクレジットカードを入れて、「お借入」を選択→金額を指定したら、その場で現金を借りられます。

 

インターネットで利用する

インターネットのクレジットカードのマイページから、金額を指定して口座に振り込んでもらいます。

4.返済は引き落としが基本

お金を借りることができたら、あとは返済をしていくことになります。返済を怠ると延滞金が発生したり色々とデメリットがあるので、気を付けてくださいね。

 

クレジットカードでキャッシングしたお金の返済は、クレジットカードの利用代金を支払っている銀行口座から引き落としされます。金利(手数料)と合わせて一括払いか、毎月定額を金利と一緒に払っていくリボ払いがあります。

 

リボ払いの場合、引き落としされる金額はキャッシング枠の設定申し込み時に指定するか、借入額に応じた最低支払額が各社ありますので、その金額になります。

 

返済金額を増額するなら

リボ払いで返済している額を増額することもできます。

  • 毎月の支払額をずっと増額:インターネットや電話で増額を設定
  • 臨時で支払額を増額:事前申し込みで引き落としの他、ATMや振込

繰り上げ返済は金利手数料が安くなり、返済期間も短くなったりといいこと尽くしです。ぜひ余裕がある人は繰り上げ返済を利用してみてくださいね。

 

注意!クレジットカードの落とし穴

クレジットカードでキャッシングする前に知っておくべき注意点

身近な存在のクレジットカードなのでキャッシングする際も利用しやすいですが、注意点もあります。

金利が高め

クレジットカードのキャッシングは、銀行カードローンや消費者金融などほかのキャッシングに比べて金利が高めです。といっても上限は高くても18%なので、消費者金融と大きな差は感じないかもしれませんね。

 

以前わたしが書いた記事でも、キャッシングを選ぶ際は上限金利を見たほうがいいとお伝えしました。

 

安定した収入がある人には、銀行カードローンは上限金利が低めのところもあるのでおすすめですが、今回は置いておいて。

 

クレジットカードと消費者金融との違い

クレジットカードと消費者金融との違いは、下限金利です。消費者金融は3%台など一桁のところも多いですが、クレジットカードの下限金利で一桁のところは少ないです。

 

キャッシングの金利は借りる人の信用度で決まりますが、その一方で借りる額が大きいほど金利は低くなるのが一般的。借りる額が大きくないうちは関係ないですが、先々のことを考えてみると、金利の幅は狭いよりは広い方がいいですね。

自分のお金と錯覚

普段使っているクレジットカードが、銀行の口座と一体型の方も多いと思います。そのカードでATMでキャッシングできると、だんだんと自分の預金をおろしている感覚になってしまって、つい無駄にキャッシングしてしまうケースがあります。

 

キャッシングは利用した瞬間から金利は日々積み重なっていきます。キャッシングで引き出すお金は自分のお金ではありません!あくまで借りているお金だということをお忘れなく。

総量規制

お金を借りる際は貸金業法という法律で、借りられる金額は年収の1/3までと決められています。これはクレジットカードのキャッシングにも適用されます。ただ、何枚かもっているクレジットカードのキャッシング枠の合計が年収1/3を超えているというだけでは、特に問題ありません。

 

なかなかないことだとは思うのですが、持っているカードすべてのキャッシング枠を使い切ったとしても、すぐに規制されることは考えにくいです。ただし信用情報機関に利用履歴は登録されますから、カード更新時などにキャッシング枠減額や、最悪更新できない…ということになりかねません。

 

キャッシング枠があるからといってむやみに利用はせず、本当に必要な分だけをキャッシングするようにしましょう。

利用限度枠の内訳

クレジットカードには利用限度枠というものがあります。Webのマイページや利用明細書などで確認できますよ。利用限度枠は、ショッピング枠・キャッシング枠などを利用できる金額のことです。

 

クレジットカードでショッピングまたはキャッシングを利用すると、総限度枠からその金額分をひいた金額が、次の利用可能額になります。ショッピング枠・キャッシング枠それぞれに限度額が設定されますが、総限度枠は単純にこの2つの合計額にならないことが注意です。

 

ショッピング枠をいっぱい使っていて、お金がピンチ!というときに設定しているキャッシング枠でめいっぱいは借りられないということです。一度確認してみてくださいね。

 

現金化は絶対にやらないで!

STOP!クレジットカードの現金化はいいことなし!!

クレジットカードでお金を手にする方法として、「クレジットカードの現金化」という言葉を目にすることもあると思います。

 

これはおすすめできません。借金地獄が待っているだけです。絶対おすすめしません。

クレジットカードの現金化は、クレジットカードで買い物をさせて、それを何割か差し引いた金額で買い取ったり、キャッシュバックしてくれるという業者の手口です。

これをおこなう業者は古物営業の許可をとっていたりするので、違法にはなりません。が、現金化という行為はクレジットカードの会員規約違反にはなりますので、クレジットカードの強制解約をされたとしても文句は言えません。

 

また、一時は現金を手に入れられますが、クレジットカードで支払った代金の請求が消えるわけではないので、メリットはひとつもないといっていいです。

 

まとめ:クレカは秘密で借入可能

総じて、クレジットカードのキャッシングは、大きな金額でないならば、家族に秘密に利用したい人にとって一番オススメだと個人的には思っています。

 

クレジットカードによりますが、毎月の返済も5,000円くらいからのものもあるので、月々の生活費からねん出しながら返していくにも負担になりにくいですよね。

 

家族に関与されずに使用できるクレジットカードをもしお持ちなら、キャッシングするときの選択肢として考えてみてもいいと思います。

比較ページへのリンク画像

 

Page Top