有能主婦のピンチはキャッシングの活用がおすすめです

有能主婦のピンチはキャッシングの活用がおすすめです

主婦といってもそれはさまざまです。自分でお金の管理ができない人もいますし、反対に家計の管理で抜群の能力を発揮する人もいます。人それぞれということですが、ひとつだけいえることは、有能な主婦のほうが、逆に、消費者金融などからのキャッシングでお金を借りて、それを処理することにもたけています。

あのデパートで販売しているバッグが欲しくなった

結婚生活が長くなると、主婦といえども、だまって家に閉じこもっているようなことはありません。その人それぞれですが、ある日突然、近くのデパートでみかけたバッグが欲しくなり、高価なお値段をものともせず、分割払いで購入したりいたします。ご主人の給料は、毎月決まっているので、高価なバッグなどを購入すると、当然、それ以降の月の生活は苦しくなります。生活費を切り詰めればよいといっても、それには、おのずから限界があります。ご主人や子供たちに、そまつな夕食を与え続けるわけにもいかないでしょう。そこで賢い主婦の決断です。有能主婦のピンチはキャッシングの活用がおすすめです。

お目当てのバッグを購入してからが大変です

さて、お目当てのバッグを手にした日の喜びは、とても大きいですが、それからが大変です。ご主人に素直に打ち明けることも、ひとつの優れた手段です。これが一番ではないかと思います。ですが、ご主人の性格によっては、相手を傷つけないためにも、バッグを購入したことを内緒にしておくという手段も有効です。この場合、主婦がパートやアルバイトをしており、お金を稼げている場合には、何ら問題は発生いたしません。パートはアルバイトをしていない、普通の主婦ならば、貸付金利の低い銀行や消費者金融などのキャッシングを利用して、融資を受けることが、おすすめの手段です。

銀行や消費者金融からお金を借りる場合の注意点

銀行や消費者金融からお金を借りる際に注意をする点がいくつかあります。まず、お金を借りるときに、しっかりとした返済計画を立てておくことです。そのためにも、お金の融資を受ける際には、必ず、銀行や消費者金融の窓口に出向いて、貸付担当者と綿密な打ち合わせをしましょう。主婦がお金を借りる場合ならば、ボーナス一括返済は無理でしょうから、毎月無理なく返済ができるリボルビング払いによる返済がおすすめです。それから、なんといっても大切なのが、貸付期間における金利です。現在ではグレーゾーンが完全に廃止されているので、貸付金利の上限は年率15%をめやすとしてください。

まとめ

たとえば、有能な主婦であるあなたが、ご主人に相談しなくて、高価なバッグを購入したとします。ご主人に打ち明けるかどうかは、ご主人の性格に依存いたします。ご主人に打ち明けないで、自分でお金を準備できれば、それで救われる場合も多いです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

欲しいときに手軽に借りれるキャッシングとは
即日対応のキャッシングサービスで安心できる方もいます
キャッシングの意味は少額のお金を手軽に借りられるということ
気になるキャッシングの審査に関して
多重債務の予防はまずキャッシングの比較から
クレジットカードでもキャッシングできます
キャッシングをする際の金利は重要です
キャッシングリボでいつもお金に不自由しない人生を送れます
クレジットカードを利用してキャッシングを受け、ピンチをしのぐ
キャッシングは返済方法や借入方法も自由に選べて主婦でも便利に利用出来る
キャッシングのやり方はこんなに簡単
専業主婦のキャッシングを利用できます。
キャッシングのリボ払いが危険な理由とその対処方法
キャッシングをする場合には利息の検討も大切です
キャッシングはクレジットカード延滞の救済に役立つ
キャッシング手数料は無料が原則ですが有料となる場合もあります
キャッシングの年率はどうして10%もの違いがあるのでしょうか
キャッシングの返済は一括返済が一般的
返済するときの状況で選ぶキャッシングとカードローンの違い
キャッシングにてお金を借りることは、金利をしっかり計算することが大切
キャッシング利用ならまずは口コミから
キャッシング利用時の利率は大切です
キャッシングは繰り上げ返済がお得
キャッシングにおける過払い金に関する事柄と支払いのスタイル