キャッシングとカードローンの違いを比較!内緒でお金を借りるなら?

選ぶなら?キャッシングとカードローン

どうしてもお金が必要!どうにか家族には秘密でお金を手に入れたい!そんな時に頭をよぎる「キャッシング」や「カードローン」。CMでもよく目にするこの2つ。違いはなんでしょうか?

 

ハッキリとした違いはない

「キャッシング」と「カードローン」。どちらが良いとか悪いとか、安心とか不安とか。人によってイメージはさまざまだと思うのですが、この2つはなにが違うかわかりますか?

 

答えは……明確な違いはない!です。

 

わたし自身、銀行の「カードローン」での「キャッシング」の経験者なわけですが、いろいろと調べてみても、はっきりとした違いを定義した情報がないのです。

 

ただ、私がいま書いたように、お金を借りること(融資を受ける)=キャッシングする、という使い方が一般的ですよね。カードローンする、というのはなんだかしっくりこないと思うのはわたしだけでしょうか…。

一般的な認識とここでの定義

お金を借りる=キャッシングという使われ方をするのは、クレジットカードのキャッシング枠に関係していると私は考えます。

大手クレジットカード会社のJCBのサイトをはじめ、一般的にはキャッシング=クレジットカードの付帯サービスという定義・認識が強いようです。

 

一方、カードローン=借入専用のサービスのときに使われることが多いのではないでしょうか。

支払い方法が違うとか、金利のかかり方が違うとか、それぞれを比較したいろいろな情報がありますが、わたし個人としては、上記の認識が一番納得できます。

 

当サイトにおける定義

このサイトにおいては、借り先がクレジットカード、銀行、消費者金融どれだとしても、
金融機関からお金を借りること=キャッシング
として統一しようと思います。

 

キャッシングとカードローンを比較

ただ今回の記事においては、

  • 「キャッシング」=クレジットカードの付帯サービス
  • 「カードローン」=借入専用サービス

それぞれの呼び方で、特徴を比較したいと思います。

キャッシング

ほとんどのクレジットカードには、キャッシング機能をつけることが可能です。

 

新規でクレジットカードを作るときに、ショッピング枠とキャッシング枠というのを設定します。キャッシング枠が0でなければ、そのクレジットカードでキャッシングができるということです。

 

主婦におすすめ!

専業・兼業問わず、主婦におすすめです。今専業主婦の方でも、会社員時代につくったクレジットカードならばキャッシング枠が設定されているかもしれません。

 

クレジットカードの支払口座が自分名義の銀行口座で、家族にも管理されていなければ、秘密でキャッシングするにはもっともおすすめです。

 

キャッシングするために新たに必要なものや審査がないですし、キャッシング後の返済も自分の口座から自動引き落としになるので、家族に知られずに済みます。

 

審査に通りやすい

クレジットカードを持っていなくても、パートなど収入がある主婦であれば比較的審査も容易に新規でクレジットカードをつくれます。いまやポイントや割引など、家計をやりくりする主婦にとってもクレジットカードの利用は当たり前なので、キャッシングのためにつくったとは思われにくいでしょう。

 

金利が比較的高め

クレジットカードはショッピング枠がメインで、キャッシング枠はオマケのような扱いです。そのため、カードローンより利息が高めに設定されていることが多いです。

 

クレジットカードは内緒でお金を借りやすく、お手軽ではあるのですが、早めに返済できる予定のある人以外はおすすめできません。

 

内緒にするための注意点

クレジットカードの明細には気を付けて。キャッシングした場合、明細に記載されてしまうので、家族に見られる心配のある人はweb明細にすることをおすすめします。
~クレジットカードへのリンク~

カードローン

カードローンは、銀行が扱っているものと、消費者金融が発行するものがあります。どちらもクレジットカードのキャッシングと比較すると、金利が低い場合があるので金利を抑えたい人におすすめです。

 

銀行

その銀行の口座を持っていれば、カードローンの申込みをするときにキャッシュカードで利用することを選択できる場合が多いです。あらたに借入(融資)専用のカードを発行しなくて済みますし、キャッシュカードを使用していれば、家族に秘密でお金を借りるときにも安心です。

 

消費者金融

少し前までは、消費者金融でお金を借りようと思うと、ATMで使うカードの発行が必須でした。でも最近では、カードがなくても借入できる方法も誕生して、カードを発行しないですむ申込み法も出てきました!

 

家族に秘密にしたい人にとっては嬉しいですよね。カードを発行しない申込み法は、他の郵便物もなしになっている場合が多いので、なおありがたいです。

 

返済方法はさまざま

銀行口座から引き落としのクレジットカードのキャッシングに比べて、カードローンは返済方法のバリエーションが豊富です。そのため方法を選べば、銀行口座の入出金を把握されている人でも、キャッシングして返済まで家族に知られずにできます。

 

知識はどんどん増やすが勝ち!

「キャッシング」と「カードローン」この2つの違いに厳密な定義はない、というのはわかりました。「クレジットカードのキャッシング」と「その他のキャッシング」とわけて比較してみた場合、それぞれの特徴を知ることで、自分にあった方法を見極められます。

 

家族に知られずにお金を借りたい人にとって心強い味方となるキャッシング。どちらが自分に合っていそうでしたか?

 

 

毎日を普通に生活をしていても、ときにどうしてもお金が必要になってしまうことはありますね。急な出費です。これに対応するために今はキャッシングやカードローンなどのサービスがありますが、両者の違いはいったい何なのでしょうか。

まずはキャッシングやカードローンの違いを知ること

どうしてもお金が必要なときってありますよね。でも、今はキャッシングとかカードローンとか、いろいろと便利な融資を受ける方法があります。この両者はどちらも急な出費に対応できる嬉しいサービスなのですが、その違いっていったい何なのでしょうか。こうした基本的な違いが分からないままお金を借りていると、ときに失敗してしまう恐れもあります。いざお金を借りようとしたとき、自分の場合には、キャッシングがいいのか、あるいはカードローンの方がいいのか、これを選択することが大切です。その違いが分からないまま融資を受けてしまうと、返済時に困ったことになったりします。

基本的に両者の違いは返済方法にある

切羽詰まった状態のときなら、キャッシングにしてもカードローンにしても、実際に現金が借りられるならどっちでもいい、そう安易に考えてしまいがちですよね。おそらく、世間的にはどちらもあまり違いがないように思われているのでしょう。しかし、こうした融資を受けるということは、言い方が違うだけで、普通の借金と何ら変わりはないのですから、決められた期日に決められた額を返済しないといけません。実はこの返済の違いこそ、キャッシングとカードローンの最大の違いなのですね。簡単に言えば、キャッシングの返済は一括払いが一般的で、カードローンの場合は分割が主な返済方法なのです。

返済のことを第一に考えて融資を受けること

たとえば、借りるお金が少額の場合、そして次の給料日にはそれが一括で返済できると踏んだときはキャッシングでの融資がいいです。こうしたサービスを提供っしているのは銀行や消費者金融ですが、それらの中には決められた期日内に返済が完了すれば、利息がつかないというところもあるのですね。また、毎月の返済額を極力少なくしたいというときにはカードローンでの融資が適切です。この方が負担が少なくなりますから。ただし、その分、利息が多くなることはしかたありません。どちらも急な入用の際には便利なサービスですが、やっぱり返済のことを第一に考えて、適切なものを選ぶ必要がありますね。

まとめ

キャッシングとカードローンの大きな違いは、その返済方法にあります。キャッシングは一括払い、カードローンは分割払いがそれぞれ一般的になっているのですね。融資を受けるときにはこの返済のことを考えて選ぶべきです。

比較ページへのリンク画像

 

Page Top